署名集め実施中!

こんにちは、mimのボーカルyukiです。

かなりご無沙汰してしまいました・・・(^^;

今回はmimとはまた別のご報告があります。
現在、Bahaと呼ばれる埋め込み型骨伝導補聴器の健康保険適用を実現するために署名を集めています。
※骨伝導補聴器とは「伝音性難聴」に適した補聴器のことです。

このサイトにリンクしている「BAHA Network」で公開している通り、Baha補聴器は昨年の3月に医療機器として「薬事承認」がおりました
この承認はあくまで、「日本でBaha補聴器を売っていいですよ」という許可であり、その後、健康保険の適用の申請をして安く手術ができるようになります。

「薬事承認→健康保険適用」というのが一般的な流れですが、何故かBaha補聴器に関しては健康保険適用で却下になってしまいました。

このままですと、Bahaをつけたいと思ったら100万以上かかってしまいます。
もし手術代・入院費・Baha本体も健康保険が適用されれば、自己負担は10万くらいになります。

なんとか、健康保険適用を実現させようということで、専門の医師と補聴器メーカーが発起人となり署名を集めることになりました。
そして、私にも署名集めの依頼があり、微力ながら協力させて頂くことになりました。

しかしながら、署名の提出期限が

【2012年3月9日(金)】

短期間ですが、自分のできる限り集めているところです。
※もし、上記の期限でもご協力頂けるという方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

署名を集めるにあたり、いくつか質問を頂いているのでここで回答したいと思います。

①なぜ、健康保険の適用が却下されたの?
厚労省に却下された理由としては「補聴器だから」ということでした。
つまり、「補聴器は障害者のための法律(障害者自立支援法)の対象だから、そちらに申請してください」ということでした。

次に「障害者自立支援法」に申請すると、今度は
「この補聴器は手術を伴うものなので、健康保険が対象になります」と却下されました。

一番の原因は、「手術が必要な」補聴器という特殊性にあると思います。
通常の補聴器は耳あな式や耳かけ式など、手術が不要なものが一般的です。
特殊な補聴器になると、今回のように制度の狭間に落ちて「たらい回し」になってしまうことは少なくありません。

あらゆることに一定の基準を設けることにより、誰が窓口でも対応可能となり、大量の申請を効率よくさばくことができることが制度の大きなメリットです。
しかし、そのデメリットが、イレギュラーな事態に対して柔軟に対応することが困難となってしまうことです。

また、もし「障害者自立支援法」で認可がおりたとしても、障害者手帳を持っている人しか適用されなくなってしまいます。
障害者認定もとても厳しい基準があるので、難聴なのに手帳を持てない人たちはまた制度の狭間に陥ってしまいます。
必要な人が平等に治療を受けられる環境を作るためには、健康保険の適用が一番望ましいのです。

※同じく手術が必要な補聴器である人口内耳は健康保険に適用されています。

②そもそもBaha補聴器ってそんなにいいの?
私のように伝音性難聴の人には効果が絶大です。
30年以上変わらない古い骨伝導補聴器は皮膚を通して音を聞きますが、Bahaは骨に直接音を伝えるのでとてもクリアに聞こえます。

私の場合は音楽を聞いた時、特に感動しました。
その時の感動を以下の歌詞にしたほどです。

「Wonderful Music」
聴き慣れていた歌が
突然違うものに変わる
まるで小さな子どものように
夢中で語りだした
音楽の素晴らしさを
ただ感動を伝えたくて

モノクロの音の世界が
みるみる鮮やかな色に染まり
美しい響きが広がる
Wonderful Music

涙があふれて止まらない
素晴らしい音に包まれて
喜びを幸せをかみしめて
Thank you for the Music

降り出した雨の中
自転車で駆け抜ける
どんなにびしょぬれになっても
心は晴れやかだった
音楽の素晴らしさに
ただ心を奪われて

色んな想いを込めた
様々な音が紡ぎ上げられ
美しい響きが広がる
Wonderful Music

涙があふれて止まらない
素晴らしい音に包まれて
喜びを幸せをかみしめて
Thank you for the Music

この歌詞に、作曲家 masatoさんが美しいメロディをのせてくださいました。
歌詞の世界観を監督 吉野耕平さんが見事に映像にしてくれました。
そして、ボーカリスト toccoさんの素晴らしい声で歌いあげてくださいました。
多くの方の協力を得て完成したPV

どうぞ、聞いて見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=mJ2nL6frHGs&feature=related

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>