Baha 補聴器の保険適用が認められました

2013年1月1日よりBaha補聴器の保険適用が認められました。

ちょうど昨年の今頃に行いました署名活動にご協力頂いた皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

また、署名はできなかったけど応援してくださった方(もしいたら)、本当にありがとうございます。

保険の適用条件の概要は以下の通りです。

【適用条件の概要】

①両耳難聴であること。

②難聴の原因が以下のいずれかの疾患であること。

・外耳道閉鎖症

・耳硬化症

・真珠種

・耳小骨奇形

③18歳以上の患者であること。 (外耳道閉鎖症の場合は、親の同意があれば15歳以上でも可)

保険適用のために情報を発信し続けて10年、ようやくここまできました。

・・・・・・という感慨深さは正直言って皆無です。

なぜなら、上記の適用条件から漏れてしまう人がたくさんいるからです。

そう思うと、とても素直には喜べません。

適用条件① ― 片耳難聴者は対象外

もし片耳の聴力を改善したいと思ったら、上記の医療費が全額自己負担となります。

「片耳聞こえれば十分」という考えであり、いわば贅沢なこと。

両耳で音を聞きたいと思うことがそんなに贅沢でしょうか?

ホームページに「片耳難聴」でアクセスする人の多さにいつも驚いています。

目に見えないだけで、片耳難聴で苦労している人は想像以上に多いと思います。

だからこそ、このような結果は残念でなりません。

適用条件② ― 疾患名の限定

単純に難聴者だけでなく、原因の疾患名まで限定されていたことには驚かされました。

例えば、中耳炎などの疾患で伝音性難聴になった患者は適用対象外となってしまいます。

難聴という事実が同じでも、疾患名で切り捨てられることに激しく疑問を感じます。

適用条件③ ― 年齢の限定

18歳以上(外耳道閉鎖症の場合は、親の同意があれば15歳以上)であること。

小中高生の年代って勉強をするうえで聞こえることはとても重要だと思うのですが・・・

素朴な疑問を感じます。

もともと、署名を集めること自体に疑問を感じていました。

ただ音を聞きたいだけなのに、と。

人として当然の権利だと思っていたんですけどね。

でも、署名を通して本当に多くの方々の優しさにふれることができました。

そして、少しでも多くの方に現状の問題を知ってもらうことができました。

納得できない点は多々ありますが、保険が適用されたという事実はとても大きな進歩だと思っています。

今後適用条件が拡大する可能性も十分にあります。

それもこれも、署名などで多くの方々にご協力頂いたおかげです。

本当に本当に、ありがとうございました!

※具体的な金額や認可の裏話などの詳細知りたい方は、左のリンクにあるサイト「BAHA Network」をご覧ください。
3月3日付で公開しております。

カテゴリー: 日記 | コメントする

署名のご協力感謝

Baha補聴器の健康保険認可の署名、短期間にも関わらず、2000名近く集めることができました。
これも、ご協力頂いた皆様のおかげです。本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
まずは報告がてら、後日ちゃんとお礼を伝えさせてください☆

思えば、きっかけは私と同じ両耳小耳症の友人の話を聞いてからでした。
親に負担かけまいと、初めてのボーナスで約60万のBaha補聴器を自分で購入。
しかし、山へ遊びに行き、友人とぶつかりBahaを落としてしまう。
必死で探したが見つからず、結局もう1台購入した。

さらに、手術で埋め込んだインプラントの調子が悪く、再手術を行うことになった。
その手術代も入院費も全て自己負担。

「お金がいくらあっても足りない。全然貯金がたまらない。」と言って、家ではすっかりすさんでしまったと、その母親は嘆く。

私の場合、幸いBaha装着後のトラブルは極めて少ないですが、他人ごとではないし黙って見過ごすことはどうしてもできませんでした。

今回は自分の為というより、その子の笑顔を取り戻したい一心だったかもしれません。
無事保険に適用されることを、ただ願うばかりです。

カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

署名集め実施中!

こんにちは、mimのボーカルyukiです。

かなりご無沙汰してしまいました・・・(^^;

今回はmimとはまた別のご報告があります。
現在、Bahaと呼ばれる埋め込み型骨伝導補聴器の健康保険適用を実現するために署名を集めています。
※骨伝導補聴器とは「伝音性難聴」に適した補聴器のことです。

このサイトにリンクしている「BAHA Network」で公開している通り、Baha補聴器は昨年の3月に医療機器として「薬事承認」がおりました
この承認はあくまで、「日本でBaha補聴器を売っていいですよ」という許可であり、その後、健康保険の適用の申請をして安く手術ができるようになります。

「薬事承認→健康保険適用」というのが一般的な流れですが、何故かBaha補聴器に関しては健康保険適用で却下になってしまいました。

このままですと、Bahaをつけたいと思ったら100万以上かかってしまいます。
もし手術代・入院費・Baha本体も健康保険が適用されれば、自己負担は10万くらいになります。

なんとか、健康保険適用を実現させようということで、専門の医師と補聴器メーカーが発起人となり署名を集めることになりました。
そして、私にも署名集めの依頼があり、微力ながら協力させて頂くことになりました。

しかしながら、署名の提出期限が

【2012年3月9日(金)】

短期間ですが、自分のできる限り集めているところです。
※もし、上記の期限でもご協力頂けるという方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

署名を集めるにあたり、いくつか質問を頂いているのでここで回答したいと思います。

①なぜ、健康保険の適用が却下されたの?
厚労省に却下された理由としては「補聴器だから」ということでした。
つまり、「補聴器は障害者のための法律(障害者自立支援法)の対象だから、そちらに申請してください」ということでした。

次に「障害者自立支援法」に申請すると、今度は
「この補聴器は手術を伴うものなので、健康保険が対象になります」と却下されました。

一番の原因は、「手術が必要な」補聴器という特殊性にあると思います。
通常の補聴器は耳あな式や耳かけ式など、手術が不要なものが一般的です。
特殊な補聴器になると、今回のように制度の狭間に落ちて「たらい回し」になってしまうことは少なくありません。

あらゆることに一定の基準を設けることにより、誰が窓口でも対応可能となり、大量の申請を効率よくさばくことができることが制度の大きなメリットです。
しかし、そのデメリットが、イレギュラーな事態に対して柔軟に対応することが困難となってしまうことです。

また、もし「障害者自立支援法」で認可がおりたとしても、障害者手帳を持っている人しか適用されなくなってしまいます。
障害者認定もとても厳しい基準があるので、難聴なのに手帳を持てない人たちはまた制度の狭間に陥ってしまいます。
必要な人が平等に治療を受けられる環境を作るためには、健康保険の適用が一番望ましいのです。

※同じく手術が必要な補聴器である人口内耳は健康保険に適用されています。

②そもそもBaha補聴器ってそんなにいいの?
私のように伝音性難聴の人には効果が絶大です。
30年以上変わらない古い骨伝導補聴器は皮膚を通して音を聞きますが、Bahaは骨に直接音を伝えるのでとてもクリアに聞こえます。

私の場合は音楽を聞いた時、特に感動しました。
その時の感動を以下の歌詞にしたほどです。

「Wonderful Music」
聴き慣れていた歌が
突然違うものに変わる
まるで小さな子どものように
夢中で語りだした
音楽の素晴らしさを
ただ感動を伝えたくて

モノクロの音の世界が
みるみる鮮やかな色に染まり
美しい響きが広がる
Wonderful Music

涙があふれて止まらない
素晴らしい音に包まれて
喜びを幸せをかみしめて
Thank you for the Music

降り出した雨の中
自転車で駆け抜ける
どんなにびしょぬれになっても
心は晴れやかだった
音楽の素晴らしさに
ただ心を奪われて

色んな想いを込めた
様々な音が紡ぎ上げられ
美しい響きが広がる
Wonderful Music

涙があふれて止まらない
素晴らしい音に包まれて
喜びを幸せをかみしめて
Thank you for the Music

この歌詞に、作曲家 masatoさんが美しいメロディをのせてくださいました。
歌詞の世界観を監督 吉野耕平さんが見事に映像にしてくれました。
そして、ボーカリスト toccoさんの素晴らしい声で歌いあげてくださいました。
多くの方の協力を得て完成したPV

どうぞ、聞いて見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=mJ2nL6frHGs&feature=related

カテゴリー: 日記 | コメントする

NO NAME FILMS

こんばんは、mimのyukiです。

告知です!

NO NAME FILMS

mim初のオリジナル曲『Wonderful Music』のPVを作成してくれた吉野監督の短編映画が渋谷ユーロスペースで見れます☆

「NO NAME FILMS」
11月19(土)〜12月02(金) 連日21:00からスタート。
(※各回上映後特別イベント有り)
15分の短編映画10本を、A、Bの二つのプログラムに分けて渋谷ユーロスペースにて上映。

Aプログラム
監督:吉野耕平 『日曜大工のすすめ』
日程:11/19(土)、21日(月)、23(水)、25(金)、27(日)、29日(火)、12/1(木)
(※11/29(火)は、「吉野耕平DAY」です。)

「お金がなくても、良いものは作れます。」

無償でmimのPVを作ってくれることになった時に言っていた言葉が忘れられません。
※詳しくは「ペイフォワード」もどうぞ

自分に絶対の自信がなければ、そうそう言えるもんじゃありません。

その自信が形になって現れました。

第16回釜山国際映画祭
ショートフィルムのスペシャルメンション 部門で吉野耕平監督の『日曜大工のすすめDIY Encouragement』が受賞

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20111015-00000003-flix

「NO NAME FILMS チカラはある。ナマエはまだない。」
10人の若手監督の揺るぎない自信作を見逃すには惜しい!
11月19(土)〜12月02(金) 渋谷ユーロスペース、是非足をお運びください(^-^)

吉野監督が作ってくれたPVも是非☆

http://www.youtube.com/watch?v=mJ2nL6frHGs&feature=related

カテゴリー: 日記 | コメントする

音楽は○○を超える

 

『「音楽は国境を超える」とはよく聞く言葉ですが、mimの活動は「音楽は障害を超える」を地でやっているような気がします。』

 

これは、mimのイベントに申し込んでくれた方から頂いた言葉でした。

「音楽は障害を超える」

「いやいや、そこまで大層なこと考えてないですよ。」
っと最初は思いましたが、スッと心に入ってくるものがありました。

私はHP「BAHA Network」を通してBAHA補聴器の普及活動を続けてきました。
その中でずっとやりたいと思っていたことは、耳に障害がある人もそうでない人も全員が楽しめるような場を作ることでした。

患者の会とかって、どうしても堅いイメージがあると思います。
当事者にしかわからない深刻な問題を抱えてる、だからちょっと近づきがたい、そんなイメージ。
私はそこまで特別な感じではなく、もっと自然な存在でいたかった。
誰でも気軽に参加できる、そんな場所。
そういう場所だからこそ、多くの人に伝わるのだと思う。

そして、7月30日に開催したmimイベント。
小耳症の人によるトークショー+バンド演奏という内容も初めてだし、小耳症ではない方にも来て頂くというのも初めて。
楽しんで頂けるか、退屈しないだろうか、やっぱり最後まで不安でした。

しかし、いざ始まって感じた、あの一体感、一生忘れません。

「みんなの想いが1つになって、今までで一番素晴らしい演奏だった」
「出演者と観客の気持ちが1つになった感覚があった」
「小耳症のバンドというのではなく、みんなで舞台を作り上げている感じがよかった」

本当にありがたいお言葉をたくさん頂きました。

障害がある人もない人もみんな一緒になって作り上げた、楽しんだあの空間は、まさに「音楽は障害を超える」の世界だった。

また、あの空間を味わいたい、小耳症に限らず色々な人と。

音楽ってすごいですね。

「音楽は○○を超える」

「○○」には国境も障害も無限に入るのかもしれません。

あなたなら、何を入れますか?(^^)

by yuki

カテゴリー: 日記 | コメントする

Youtubeにアップしました!

こんばんは、mimのボーカル、yukiです。

7月30日に行われた
かけらな、ぼくらの、うた。 『小耳バンド ‘mim’ ファーストLIVE』
Wonderful ear, wonderful music.
の映像をYoutubeにアップしましたー!
Ustreamの映像では音割れがあったそうですが、これはしっかり聞こえますよ(^-^)

①keroさんインタビュー映像(BAHA補聴器について)
イベントが始まる前に、BAHAユーザーkeroさんのインタビュー映像を流しました。
日本で数少ない片耳難聴でのBAHAユーザーで、大変貴重なお話です。
片耳から両耳聞こえるようになった時の感動を熱く語っています。

②トークショー(前半)
翼さん、keroさん、yukiの小耳症本人によるトークショーです。
「小耳症」とはなにか?一般的な治療法である「耳介形成術」とはなにか?について話しています。
特に「耳介形成術」に関する話は手術を受けた人にしかわからない貴重なお話です。

③トークショー(後半)
引き続き「耳介形成術」の体験談があり、エピテーゼ(義耳)について話しています。
実際にエピテーゼを見せたんですが、映像ではわかりづらくて残念(>_<)

④mimのメンバー紹介、結成のきっかけ
演奏のMCです。なんせ人生初ステージなので非常にたどたどしいMCです(笑)
mim結成のきっかけや各メンバーの想いを述べています

⑤mim「Wonderful Music」の演奏
mim初のオリジナル曲「Wonderful Music(作曲:masato 作詞:yuki 編曲:mim)」の演奏です。
最後には感動のフィナーレも!

ご意見やご感想などありましたら、どんどんお寄せください!

カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

NHK放送日決定!

こんばんは、mimのボーカル、yukiです。

7月30日に行われた
「かけらな、ぼくらの、うた。 『小耳バンド ‘mim’ ファーストLIVE』  Wonderful ear, wonderful music. 」
の模様がNHK様で放送されることになりました!

放送日は以下の通りです。

【放送日】8月8日(月)
【時間】 18:10~19:00
【番組】 首都圏ネットワーク

イベントでは語りきれなかった想いも伝わるかと思うので、是非ご覧いただけると嬉しいです。
カットされなければ、ボーカルyukiの自宅取材の映像もあります(笑)

ただの物珍しさではなく、私たちの想いを何よりも大事にしてくれたことが嬉しかった。
心から信頼できる記者の方に出会えたことに、感謝。

メンバー集めから始まり、場所探しも自分たちで行い、まさにゼロからのスタートでした。
まだまだ小さな輪もしれないけれど、これから少しずつ少しずつ大きな輪に広がっていけたらいいな~と思います(^^)

小耳バンドmim

カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

ギターの翼です。~初イベントを終えて~

久々登場、mimのギター、翼です!

7/30(土)、小耳症バンド【mim】ファーストライブ、無事、終了。

始まるまでは、ほんとに不安だらけでした。
しかし、ありがたいことに定員100名が、ほぼ満席!
皆様、本当にありがとうございました!

始まってみたら、楽しい!

トークショーも白熱し、時間が押すほど。
お客様も、メモを取る方もいるほど、
ほんとに真剣に聞いてくださっていました。
もっと話したいことあったのに、時間足りなかったなー。

打ち上げでも指摘のあった通り、
ちょっとBAHA万歳な流れに偏ってたような気がしますね・・
時間の制約があると、やはりもっと話す内容を練る必要がありましたね・・。

ライブは、今までの練習も含めた中で
最高のクオリティでの演奏が出来ました!(と思う!)
なんて本番に強いのかしら!(笑)

ボーカルYUKIも、人生初ステージで本番前あれだけ緊張してたのに、
いざ歌ったら、なんて力強いボーカル!
堂々の貫禄で、魂の歌声でした。
言葉ひとつひとつに、想いがちゃんと乗っかってました。
僕ら演奏陣も、グッときてましたよ。

メンバーもほんとに想いが一致していたからこその、あの演奏。
がっちり噛み合い、すごいパワーを感じました。

1曲目のカウントから、演奏が始まった直後に、
直感で感じた「あ、これ良いわ。」
すっごい気持ちよいの。弾いてるというより、弾かされてる感じ。
たぶんメンバー皆もそう感じてたのでは?

3曲目、オリジナル曲「Wonderful Music」。
涙を流す方もいらっしゃいました。

フィナーレはお客様も巻き込んで、
「Wonderful Music」を皆で歌いました。
皆さん立ち上がってくれて、皆で歌う。
ステージから見るその光景は、とても美しく、感動的。

実は僕は涙をこらえるのに必死でした。。
ステージ、お客様、全ての人たちの想いがひとつになったあの瞬間の感動、
今まで経験したことのない感覚でした。ほんとに素晴らしい時間でした。

実はUstreamでライブを生中継していたんですが、
こちらのページで見られますので、ぜひご覧頂けたら嬉しいです!
(音割れ等でお聞き苦しい点もありますが、ご容赦ください)
僕、けっこう何回も観ちゃってます(笑)

http://www.ustream.tv/recorded/16326574

終演後の交流会では、小耳症本人の方や、
小耳症のお子さんを持つ親御様など、
いろんな人に話しかけられ、たっぷりお話することができました。
トークショーでお話しきれなかったことも、いろいろ話せたかも。

特に親御様とお話したときに、
本人からしたら些細なことでも、ほんとに心配されてるんだと、
改めて実感したと同時に、
ネットが普及し情報が得やすくなったとはいえ、
本人の生の声が一番安心をお届け出来るということと、
こういう活動がもっと必要なんだなーと感じました。

お客様の反応、反響など、ほんとに、
「成功!」と自信を持って言えるイベントになったと思います。

mimに誘ってくれたYUKIには、本当に心から感謝です。
自分の世界が広がりました。

交流会でも、僕の話を一生懸命に聞いてくれたり、役にたてることの喜びを感じてます。
また、僕自身も小耳症についてもっと知ることが出来ました。

mimの次のステージは、どんな形になるかまだ未定ですが、
これからもぜひ続けて行きたいです。

YUKIを始め、mimのメンバーに出会えてほんとに良かった。
これも何かの縁。これからも、宜しくお願いします!

今は、とにかく、無事終わってほっとしてます(笑)

また、広報で尽力して下さった方たちも、ほんとに素晴らしい方たち。
当日配布したイベントパンフレット、載せちゃいます!
なんて可愛らしい、ポップなパンフレット!!

◆イベントへ参加して下さった皆様へアンケートご協力のお願い◆

宣しければ、先日のライブイベントのアンケートにご協力下さいますようお願い致します。
https://lolipop-764da1253584d7a.ssl-lolipop.jp/mimform/postmail.html

改めて、7/30はご来場頂きまして、本当にありがとうございました!

今後も、定期的にブログ更新していきますので、
これからもチェックしてくださいね☆

翼でした!

カテゴリー: 日記 | コメントする

mimイベント無事終了!!

こんにちは、mimのボーカル、yukiです。

『かけらな、ぼくらの、うた。 -小耳バンド ‘mim’ ファーストLIVE-
Wonderful ear, wonderful music. 』
昨日無事、盛況に終わりましたー!

会場にお越しいただいた皆様、本当に本当にありがとうございました!!

大変有難いことに会場はほぼ満席状態で、フィナーレでは『Wonderful Music』をみんなで歌いました。
最後には全員がスタンディングオベーションで、あやうく涙が出そうになりました!

イベント終了後の交流会では、実に多くの方が残ってくださいました。
「感動しました」「涙がでました」とたくさんの人が言いに来てくださって、その一言が何よりも嬉しかったです。

トークショーでは小耳症についてや、耳介形成術、エピテーゼ、BAHA補聴器に関する話をしたのですが、特に興味を持ったお客様が交流会では熱心に話を聞いていました。
少しでも役に立つ情報を提供できたのかなと、とても嬉しく思いました。

本当に多くの方の協力があって実現したイベント。
後日イベントレポなど、随時更新できたらと思います。
今はただただ、言葉で表しきれない感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にどうもありがとうございました!!

カテゴリー: 日記 | コメントする

みなさまありがとうございました。

広報担当の黒澤です。
本日は不安定な天候の中、
mim初ライブ
『かけらな、ぼくらの、うた。 Wonderful ear, wonderful music.
 ー小耳バンド ‘mim’ ファーストLIVE ー』
にお越しいただき、誠にありがとうございました。
応援していただいた皆様、改めてお礼申し上げます。

さて今回、ライブの様子やインタビューなどを、
NHKさまに取材をしていただきました。
7/31 午前6:10のNHKさまのチャンネルにて放送予定です。
みなさまご覧いただければ幸いです。

又、後日、同じくNHKさまの番組にて、
特集を組んでいただけるそうです。
こちらは放送予定が決まり次第、またお知らせいたします。

尚、その日のニュースや速報などによって、
放映されない可能性もございますので、
あらかじめご了承ください。

どうぞよろしくお願い致します。
失礼致します。

カテゴリー: 日記 | 2件のコメント